Blog

ブログ更新情報


「お前が体育会に入るとは思わなかった」「いつやめるか楽しみだな」入部した時に高校の友達にこんなことを言われた。高校の時はいつも遊んでふざけてばかりの毎日でラクロス部に入るとは誰も予想してなかった。もちろん自分もである。大学入ったらサークルに入って、毎日なにも考えずに遊んでるのを考えていた。しかし、色んなサークルの新歓に行ったものの、何か足りなかった。最初は「何か本気でやりたい」という気持ちでラ...
続きを読む≫
2017年5月20日


昔から根拠のない自信だけはあるビックマウス野郎だった。だからラクロス部に入っても、当然バリバリ活躍できると思ってた。でも、現実は甘くなかった。1年の時はサマーもウィンターもβで、あすなろは予選敗退が決まった消化試合に出たぐらい。2年の時はなんとかBチームにおいてもらったが、Aチームなんて夢のまた夢。3年になってもおれの居場所はBチームで、最後までAチームに呼ばれることはなかった。しかもCチームに落とされ...
続きを読む≫
2017年5月19日


学生コーチなんてやりたくなかった。春合宿で行われたミーティング。投票の結果、みんなから推薦もあり学生コーチをやる事にしたが納得なんかしていなかった。またグラウンドに立つために八か月もリハビリをしたのに。試合に出るために何百本もシュートを受けたのに。あと一枚抜けばAチームだったのに。早稲田の守護神として活躍したかったのに。「日本一」になりたくてラクロス部に入部したのに。本当に悔しかった。何度も家で...
続きを読む≫
2016年12月16日


「泣くほど努力したのか」2年のあすなろのときコーチに言われた言葉である。俺らの代はサマーもあすなろも負けた。悔しかった。しかし「泣くほど努力したのか」と言われたときにそうだとは言えなかった。そんな俺に新人戦でかりをかえす機会ができた。今年の6月に2人目の学生コーチに決まった。正直俺はコーチというような人間ではない。リーダーシップもなく上にたつような人間ではない。去年1年間Cチームリーダーを3年生なが...
続きを読む≫
2016年12月16日


思い返すと、先輩や同期の期待を裏切り続けてきてしまった4年間だと痛烈に感じる。3位になったサマー。先輩たちのサマー連続優勝の伝統を崩してしまった。準決勝で東大に0-4で完敗。俺は何もチームに貢献できなかった。予選敗退したあすなろ。先輩たちが4年連続で優勝していたことや、あすなろ前の練習試合で負けなしだった事もあり、本当に失望した。最弱世代、狭間の世代の名が定着した。先輩の4年間を終わらせてしまった、2...
続きを読む≫
2016年11月2日