Blog

ブログ更新情報


あと3ヶ月でラクロス人生が終わると思うと、嬉しくて寂しい気持ちになる。早く遅刻に怯えて眠りにつかなくてよくて、自分のプレーに一喜一憂しなくていい生活を過ごしたい。でもみんなと毎日会えなくなるのは結構寂しい。複雑な気持ちだ。残り3ヶ月となった俺のラクロス人生は最悪なスタートだった。元々ラクロス部に入った理由は大したものではなかったし、足が遅くて体も強くない自分はラクロスで活躍する素質はほとんどなか...
続きを読む≫

2018年9月12日


なんでマネージャーやってるんだろう。色んな人に聞かれたけど、それよりもずっと自分自身に問い続けてきた3年半だった。思えば、ラクロス部に入部した理由は新歓の時に「日本一を目指せる」と熱く語ってくださった先輩がとてもキラキラしてて日本一という未知なる目標に憧れを抱いたと共に、自分の4年間に誇りを持ちたいと思ったからだった。でも、つくづく思うけど私はとてもマネージャーに向いているとは言えない。要領も良...
続きを読む≫

2018年9月12日


悔しい。自分はこの4年間、この感情を何度抱いただろうか。自分たちの代でグランドスラムを達成しながらも、まともにチームに貢献できなかった時峻希さん、博さん、秋山さん、それぞれの代で日本一を期待されながらも、負けてしまった時昨年の育成リーグを優勝しながらも、自分は試合に出られなかった時早稲田として掴み取った勝利には言葉に出来ない嬉しさがあるが、それと同じくらい悔しい思いをたくさんしてきた。だけれども...
続きを読む≫

2018年9月11日


1年の時のサマー・ウィンターはβチーム。2年のあすなろはヘルニアでボックスにいることしか出来なかった。新人戦三冠は嬉しかった。でも関わることが出来なかった自分は、どこか他人事のように感じていた節もあった。特に2年は終始リハビリでほぼプレーをしていなかった。何回も心が折れそうになった。もうすぐで復帰って時にヘルニア再発した時はほぼ折れかけた。それでも折れかけた心をつなぎ止めてたのは紛れもなく同期の存...
続きを読む≫

2018年9月11日


早稲田ラクロスは日本一への階段を登っているしかし、1年2年生の頃は日本一へ貢献している自分が全く想像出来なかった俺らの代は新人戦でグランドスラムを達成最高に嬉しかったし、誇らしかったしかし、俺はボックスから眺めていただけ2年生の頃もチームに貢献した記憶がない日本一への貢献の仕方は人それぞれ俺は人を引っ張る力も育成する力もサポートする力もない自分はプレーでしか日本一へ貢献できないと思ったそこで、...
続きを読む≫

2018年9月8日