Blog

ブログ更新情報


2019

〜巧より強たれ〜『覚悟』峯浦 峻佑


4年間本当に楽しかった。




部活中も部活終わってからもオフの日もいつも一緒にラクロス部のメンバーと過ごしてた。



そんな時間がすごく好きだった。



もちろん辛かったこともたくさんあったけど、ラクロスを通じていい経験ができたと思っている。






入部を決める前はスポーツ系のサークルに入って、毎日グータラする大学生活を想像していた。



入学式前のオリエンテーションで一輝に話しかけられていなかったらラクロス部には入っていなかったと思う。




今となってはあの時声をかけてくれたことに感謝している。






初めてラクロスをしたときはなにもワクワクしなくて


こんな楽しくないことしてて意味あるのだろうかと考えたこともある。





やめたくなったことなんて数え切れないぐらいある。





しかし、途中でやめるという選択肢はなかった。



続けることに意味があると思ってたからだ。





でも、続けているだけの状態だった。



そんな状態でも上達すると嬉しいし少しずつラクロスが楽しくなっていった。






それでも心の底からラクロスが楽しいって思えなかった。



その理由は1番自分が分かっている。





覚悟が足りなかったからだ。






スポーツで1番を取るためには全てを犠牲にする覚悟が必要だ。



こんなこと小さいころからずっと続けてた水泳から学んできたはずなのに。



何も活かせなかった。







今の自分の立ち位置は、自分が積み上げてきたものの結果だ。



今更変えようとしても変えられない。



1年前なら変えれたかもしれない。



こんな後悔を後輩にはして欲しくない。



今CやDでプレーしてる後輩たちは自分がどうなりたいのか。



なりたい自分になるための努力ができてるのか考えて欲しい。






スポーツは本気でやるなら本気でやった方が楽しいだろうし、やらないならやらないって決めた方が気は楽だ。




自分は4年間中途半端だったから心の底から楽しいって思えなかった。



でも、今は前に比べると楽しい。



いいやつばっかりの後輩やずっと一緒のチームでやってきた土生、海斗と勝ちたいって本気で思えてるから楽しくなってきたんだと思う。





試合が終わる瞬間まで本気でラクロスを楽しもうと思う。







後輩たち



土生を勝たせてやろう!



電車でいつも負けたくねえーって言ってるから。




冷静でずっしり構えてるでけえ男を胴上げしよう!










WAVE




MF (#59) 峯浦 峻佑



コメント
名前

内容