Blog

ブログ更新情報


4年間本当に楽しかった。部活中も部活終わってからもオフの日もいつも一緒にラクロス部のメンバーと過ごしてた。そんな時間がすごく好きだった。もちろん辛かったこともたくさんあったけど、ラクロスを通じていい経験ができたと思っている。入部を決める前はスポーツ系のサークルに入って、毎日グータラする大学生活を想像していた。入学式前のオリエンテーションで一輝に話しかけられていなかったらラクロス部には入っていなか...
続きを読む≫

2019年10月5日


自分は強い人間じゃない。コツコツ努力することも苦手だ。どちらかといえば、できるだけ最小限の努力で結果を出したいとさえ考える人間だ。ラクロスは(他の競技もそうかもしれないが)壁あてやウェイトトレーニング、動画での研究など、日々の積み重ねがモノを言う。中小路渉を見ればわかるだろう。彼はまさしく「プロ」ラクロッサーだ。こんなことを言うと彼は怒るかもしれないが、あそこまで努力を継続できるのは才能だと思う...
続きを読む≫

2019年10月4日


まず、後輩たちへ。特にC,Dチームのみんな。今は辛いと思う。誰からも注目されず、基礎メニューの繰り返し。毎日が本当に退屈で、モチベーションなんて皆無。そう思っている人も、いるんじゃないかな。僕も2年までCチームだったから、気持ちはよく分かる。人数が多くて6on6やっても1回しかオフェンスやれなかった日が懐かしい。何を反省するんだと思いながら毎回集まっていたのをよく覚えている(笑)大切な事は、自分に、仲間に...
続きを読む≫

2019年10月4日


今まで様々な選択をしてきた。畝傍高校に進学するという選択。大学は上京して早稲田に行くという選択。大学で体育会のラクロス部に入部するという選択。自分自身でした選択には、常に迷いはなかった。覚悟を決め、自分の軸をブラさない選択をしているつもりであった。しかしラクロス部に入部して、初めて人生の選択を間違えたと感じた。一年生時のサマーウィンターはβチームとして、試合に一度も出場することができなかった。あ...
続きを読む≫
2019年9月17日


とても大変だった。早慶戦に憧れて部活に入った。正直どの部活でも良かった。ただ、努力次第で成り上がれる環境が魅力的だった。しかし中々評価はされない。1年生の頃はβ。サマーで本気で優勝しようと俊さん、矢治さんのもとガムシャラに頑張っていた。自主練しまくり、ビデオも見まくった。みんなに命令口調でここがダメだと指摘した伝説のノートも書きまくった。練習でαに勝ったときもあったが、結果は1-6で惨敗。でも楽しか...
続きを読む≫

WRITER:千葉暁
2019年9月15日