Blog

ブログ更新情報


2024

〜巧より強たれ〜『箴言』池田敦

こんにちは







巧より強たれ、Bチームのトップバッターを務めます







引くほど長くなってしまったけど、もしよかったら最後まで読んでほしいです



















ついに自分も巧より強たれを書く時が、






思っていたよりもだいぶ早くきた






Bに四年が多すぎて予選からごうたれを書くという異例な事態






執筆時点で十五人






つまりはこの十五人が後輩に追いつかれ、抜かされ、ポジションを奪われているということ







悔しいし、情けない









思えば、高校のころからそうだった







後輩のなかけんとか柴谷がベンチ入りしたりスタメン張って試合に出たりしている中、







おれはずっと二軍だったし引退試合はインスタライブで観戦した







そんなしょうもない学生スポーツの思い出を塗りかえたい、自分を変えたいと思って






このラクロス部に入部したはずだった








でも今思えば、







サークルが合わなかったから、とか





雄大鳥海じょー宮郷がいたから、とか





ふわっとした理由も心の奥底にはあった気がする













たぶんそれが原因で、結局おんなじような道を辿った三年半だったように思う







出場時間三十秒のウィンター





前日のウイング練で足を捻挫したアホのおかげでロンミ二枚目で出場したけど予選敗退のあすなろ





二年は、与えられたチャンスを掴めず、ほぼC





三年は、初めはSSDM転向もあってBでわりと試合に出場できていたけど、その後の怪我と豆腐メンタルにより一年通してCにいた期間の方が長かった





そして、四年になった今でもBの一枚目すらまともに守れない









ほんとしょうもない、パッとしないラクロス人生








先輩方や同期みたいなカッコいいごうたれは書けない












だからおれはこのごうたれで自分の後悔、やり残したことを伝えたい


















あーいつものパターンか、って思った?








たしかに、過去の自分を後悔しているというくだりは、先輩方のごうたれにほぼ毎回と言っていいほど登場する







じゃあみんなはそれをちゃんと自分に置き換えて読んでいただろうか



















一つ目は、何事も自分ごととして捉えること






転じて、当事者意識を持つということ








おれはこれができなくて、三年秋にCに落とされた







上級生なのに変なファールや凡ミスばかり繰り返すから当然の判断だった







思えば、二年の時にBに上げてもらってた時期からすでに欠けていた気がする







自分の一つ一つのプレーが試合全体、なんなら勝敗までを左右してしまうことを理解できていなかった、その責任感がなかった







みんなは、二年だから、三年だから自分には大した影響力はないって思ってないだろうか









具体的なシーンで言うと、










メニューの後の振り返りで、誰かが話していることをちゃんと聞いているだろうか、







何か活かせることはないか考えているだろうか、







自分には関係ないと思って聞き流していないだろうか












たとえ試合に出てないやつでも、そいつは多かれ少なかれ影響力を持っていて、簡単に試合を壊す可能性だってある







試合に出ているやつならなおさら














でも逆に言えば、







意識一つで、チームを勝利に導くことだってできる







どっちに転ぶかは、まさに自分次第







そして、どっちの方が後悔しないか、なんて言わなくたってわかる

















二つ目は、強い心を保つこと









一年の夏合宿の紅白戦






試合残り時間十数秒で一点差勝ち状況の中、寿春との1on1に敗北し点を決められ、さらにスラッシングでフリーシューも献上してしまう大戦犯







そこから始まり、二年のスーパーカップやBリーグ、育成直前の数週間、三年怪我明けすぐのBリーグ武蔵戦







緊張した状態でミスが重なるとプレーの質がどんどん悪くなる変な癖がついた







そして、武蔵戦後のC落ちで完全に自分を見失った















Bリーグfinal4日体戦は、観戦中に景色がどんどんぼやけて見えなくなっていった








素直に応援ができなかった














あの頃はラクロスが全然楽しくなかった








純粋なラクロスのおもしろさを忘れてしまっていた気がする











ショットが上手く決まった時







1on1で狙ったボールダウンができた時







手元ガン勝ちした時







ショットをサクセーブできた時










入部のきっかけは様々だけど、










朝始発に乗って練習して、家に帰ってからもウエイトやって壁当てやって、という






他のやつから見ればとんでもない生活を続けているのは、








誰しもラクロスという競技にやりがいを見出しているからだと思う










うまくいかない時、メンタルが限りなくマイナスに近づく時は全員絶対にある










その時は、自分がラクロスをやっている原点をもう一度思い返してみてほしい



















このふたつ







たかがBの平部員の言葉だけど







ある意味、戒めの言葉として







心の片隅にでも置いておいてくれると嬉しい
























続いて、恒例の感謝を伝えるコーナー












おれは、周りの人間に恵まれてるなと最近つくづく思う











本当は面と向かって言う方がちゃんと伝わるんだろうけど、恥ずかしいからとりあえず文面で















まずは、両親へ







ラクロス部への入部という決断を尊重してくれ、







金銭面でも精神面でも支えてくれ、







そして誰よりも応援してくれた







毎朝四時に起こしちゃってごめんね、そんな生活もあと半年で終わり







二人のおかげでここまで続けてこられた






本当にありがとう、これからもよろしく



















コーチの方々へ








休日返上で試合や練習に来てくださりありがとうございます







特に、丸田さんとボブさんは、練習に入ってくださったりMTGも参加してくださったりと、







どれだけこのチームに注力してくださっているかが、幹部でもなんでもない自分から見ても強く伝わってきます







必ず結果で恩返しします、最後までよろしくお願いいたします















スタッフへ








半月板の長期リハの頃に、スタッフの仕事を間近に見る機会がたくさんあった







選手のおれたちには想像もできないほど時間と労力を費やして仕事をしてくれていることに、







恥ずかしながらその時にやっと気づきました







今年は人数が少なくて大変かもしれないけど、







二部練等でそのハンデを補いながら、おれたちのサポートに全力を尽くしてくれている







いつも、ありがとう









未納、ダメ、ゼッタイ

















後輩へ









初手からタメ口で来たブラジル出身の恥骨のやつ





なんかずっとクロスくるくる回してる色盲予備軍のやつ





去年からずっと生意気の度を越えてる二年オフェンス三人衆





わけわからんラッパーの巻き舌うるさいやつ





全然関係ないのに勝手に焼き肉奢られにくるやつ





いつも自信なさげな来年一枚目と、そのともだちの左利きなのにロンフェしたがるやつ









変なやつ多すぎて挙げ出したらキリがない








そして、おれへのリスペクトを感じたことは一度もない、ただの一度も









でも、BとかCの期間がほかの同期より長かったこともあって、








一人一人の思い入れはたくさんある














それこそ、挙げ出したらキリがないくらいに














みんなの成長、活躍ほど嬉しいものはない










Bリーグ、そしてその先、期待してるよ















同期へ









まずは、松田組をはじめ、







こんな人間と仲良くしてくれてありがとう







たくさん発破をかけてくれてありがとう







みんなが同期でよかった







そして、







その発破にこたえられなくて、







四年になってもみんなと一緒にプレーできなくて、ごめんなさい










こないだAの練習に参加させてもらった日の帰りにある同期にボソッと言われた






「また敦とラクロスするとは思わなかったな」






たぶん言った本人は深い意味込めたわけじゃないだろうし、そもそも言ったこと自体覚えてないだろうけど、







これはだいぶ効いた、うまく言えないけど、まだまだみんなに追いつけない気がした







みんなと肩を並べて戦うことが出来なくて、悔しいし悲しいけど、







今のおれの現状でみんなの役に立てるとすれば一つだけ












Bリーグ優勝して、Aの全学優勝へ流れを持ってくること














そのために、全員で全学優勝という目標があるし、








そのために、軌というスローガンがある












全員で絶対優勝しよう















p.s.


みんなメンター会やってね、楽しいよ





ね、航章















Bの同期へ








改めて言うことは特にありません







一緒にいた時間が長いやつが多くて非常にやりやすいです









顕造や太希と2on2でダブってボールダウン





飛び出して、元太や直追弥のサクセーブからのパスをもらってブレイク





手元勝った寺尾を逃す完璧なブロッキング





FFOFで、崚大やざきそうからのリターンをもらってスタンシュー





ほかにもたくさん









全部イメージできてます











三連覇しましょう














最後に、SSDMのみんなへ









トラの生みの親てっちゃん





毎回おれのボトル飲むリッチー





もはやおれのこと後輩だと思ってる晴紀





こないだ現役引退したいっしー





なんか最近おれに心開いてきたようでいて実はたぶんそんなことない吉原





後輩力ランキング殿堂入りなかじ





プレーがなんかちょっとおれと似てる五郎ちゃん












みんなといる時間がたぶん一番長かったですね







ライバルとしてバチバチ火花散らしたり










仲間としてアドバイスしあったり








時には、しょうもないことでふざけあったり








そんな一瞬一瞬がとても楽しかったし充実してました








ありがとう





























いよいよ明日は東大戦、













絶対勝とう














そんなことは言わない












東大戦も、Bリーグ優勝も、










すべては部員全員が全学優勝に向かっていく上での過程だから



















歯を食いしばれ










気合いを入れろ










全力を尽くせ










圧倒しろ














やるべきことを徹底し、








強運を掴み取れ





















全学優勝を果たした時、










振り返ると見えるそれまでの“軌跡”が、










より素晴らしいものとなるように















SSDM #19 池田敦

コメント
名前

内容