Blog

ブログ更新情報


入部のきっかけ入部後想い 主にこのことについて話していきます。 《入部のきっかけ》 なんで体育会系ラクロス部に入ろうと思ったのかとよく聞かれます。 実はいままでの人生で本格的にスポーツをやったことがありません。そもそも親には「さちこはクリエイティブで、芸術の才能があるから美術をやっていればいいんじゃない」と言われてきました。カナダではアーティストと呼ばれ、親にも褒められ、それが嬉しくて中学で日本に...
続きを読む≫
2015年10月10日


「巧より強たれ」この言葉は早稲田のラクロス部の部訓であり、早稲田ラクロスの原点ともいえる言葉である。4年間過ごしてきてこの言葉は何度も耳にしたし、我々部員を奮い立たせる言葉でもある。しかし、この言葉が重みとなって本当に悩むことの多い4年間でもあった。その1番の理由として、「強さ」とは何かを模索し続けてきたからだ。思い返せば、1年生のサマーのα・β分けの時、コーチの翔さんに「幹太はどっちにするか悩んだ...
続きを読む≫
2015年10月10日


ラクロスを始めて4年目、「何でラクロスやってるんだろう?」って今でも考える。最終的にはもちろん「日本一になりたい」という答えで落ち着く。そのために自分に何ができるか考えた。プレーはもちろん、プレー以外でもいろいろな貢献の形があるだろう。 1年生のウィンターでは、かずの巧より強たれでも書かれていたように、みんな「ウィンターの島田」の印象が強かったはず。覚えている人は少ないと思うが、実はMF2ndセットで...
続きを読む≫
2015年9月22日


思い返すとゴーリーというポジションは本当に嫌いだったし、向いてないと思っていた。ボール当たるし、痛いし、反射神経悪いし、ボール早すぎて見えないし、クロスかっこ悪いし。体がでかいだけしか取り柄のないダメダメゴーリーだった。 けれど、去年は1年間Aチームでプレーさせてもらい、どんすけさんという偉大なゴーリーのそばで多くのことを教わり、幸運にもほとんどの試合に出させてもらうことができた。色々な経験をさ...
続きを読む≫
2015年9月22日


自分にもついにこのコラムの担当が回ってきた。 「引退」という二文字が頭をよぎるのと同時に 「この早稲田ラクロスでの4年間ってなんやったんやろう」最近ふとこう思うことがある。 【1年】 高校の先輩の勧めでラクロス部に入部した。サマー、ウインター、あすなろと全てαチームとして試合に出場することができ、当時の新人コーチだった翔さん、カッキーさんからはずいぶん期待の声をかけて頂いた。今となっては「ウイン...
続きを読む≫
2015年9月11日