Blog

ブログ更新情報


史上最恐の学生コーチが誕生してから10ヶ月が経過した。あっという間だったなとつくづく感じる。就任したのは2018年2月6日。学生コーチ決めのミーティングが行われ、立候補した。選手として日本一を目指したかったが、両膝を手術してから思うようにプレーができない状況が続き、チームへの貢献度を考えてコーチに転向した。最初は選手への未練が強くて、何度も考え直したりもしたけど、今こうして学生コーチとしてラクロスに夢...
続きを読む≫

2018年12月14日


先週の日曜日(12/9)に、ウィンターステージ予選リーグが行われました。早稲田は東海・成城合同チームに3-1、獨協・東大・成蹊合同チームに2-1で勝利し、Bブロック1位で予選通過。明日(12/15)に控えた決勝トーナメントに向け、4年生の学生コーチの2人にお話を聞きました。(収録日は12/13)インタビュアーは高西理紗子(4年・MG)と梶原夏(2年・MG)が務めます。(写真左:太田雄斗・右:小柳翔)—    本日はよろしくお...
続きを読む≫

2018年12月14日


2017年11月11日。忘れもしないあの日。2017リーグ戦で唯一得点出来なかったあの試合。申し訳なさと悔しさと寂しさとで、泣いている先輩たちを見ていられなかった。あんなに練習したのに。こんなに良いチームなのに。こんなところで終わるはずじゃなかったのに。秋山さんを胴上げして、田口さんを嬉し泣きさせることはできなかった。“客観”的に見て早稲田ラクロスでの活動は“見合わない”。四時起き。ハードな練習。壁当て、ウェ...
続きを読む≫

WRITER:森松達
2018年12月7日


 攻めるってどういうことか。1年前、「攻」というスローガンが決まってから、そんな一年間にしたくて、攻めるって何なのか考えた。ギラギラ。よしギラギラした人間になろう。震える。よし震える一年間にしよう。最初はこんなイメージからスタートした一年間だったが、これだ!と決まったのはいつ頃だっただろうか。「攻めるとは、現状に満足せず常に上を目指すこと。」ラクロスに限界はない。俺たちに限界はない。大学4年...
続きを読む≫

2018年12月7日


全日本選手権準決勝まで1週間を切り、特別企画として対談を行いました。長くなりますが、どうぞご覧下さい。ラクロス部在籍中(大学2年夏〜3年夏)にアメリカへ留学、留学先でもラクロス部に所属。現在Aチームで活躍する2人にお話を聞きました。インタビュアーを務めますのは髙西理紗子(4年・MG)です。1枚目写真左:尾花一輝(4年・国際教養学部・AT)留学先:University of Washington、以下UW(ワシントン州シアトル)1枚目写真...
続きを読む≫

2018年12月2日